1. HOME
  2. ブログ
  3. 京都 下鴨神社+菊乃井本店で結婚式の写真撮影

京都 下鴨神社+菊乃井本店で結婚式の写真撮影

こんにちは。
結婚式のカメラマン大越です。
関西をはじめ全国で、結婚式写真の出張撮影をさせていただいています。

梅雨明けして本格的に暑くなってきた今ですが(だからこそ?)、以前、一月の雪がちらつく京都で撮影させていただいた結婚式の写真を改めてブログにしました。ご覧ください。

神社+料亭での和婚

この日は、神社で結婚式を挙げて料亭で披露宴をされる「和婚」でした。
京都が近いという土地柄もあるのかもしれませんが、よくご依頼いただく組み合わせです。
私への写真撮影のご依頼以外に、お衣装、神社、料亭のご予約も新郎新婦様がそれぞれ直接されたそうです。

町屋での花嫁支度

新郎新婦様が衣装と着付けなど美容スタッフを頼まれたのは、西陣にある衣装屋さん。
花嫁支度はその衣装屋さんがある京町家で進められました。

花嫁支度

白無垢綿帽子姿の新婦様と紋付袴姿の新郎様

和装の新郎新婦様

京町家と新郎新婦様とご家族様

出発前に町屋のまで一枚。
1月のこの日、雪がチラチラしてました。

下鴨神社での結婚式

挙式前に境内で写真撮影

結婚式を挙げる下鴨神社には、挙式の1時間前には到着。
結婚記念の二人の写真を境内のいろいろなところでお撮りしました。
朱色の楼門や鳥居、糺の森の緑など、下鴨神社境内には素晴らしいロケーションがたくさんあるんです。

下鴨神社での結婚式

笑顔の新郎新婦様

下鴨神社楼門と太鼓橋をバックに撮影した和装姿の新郎新婦様

新婦様の手を引く新郎様

糺の森での結婚式記念の写真

下鴨神社朱色の鳥居と新郎新婦様

結婚式参列者

下鴨神社結婚式前の新郎新婦様

実は、下鴨神社では、結婚式の最中の撮影はできません。
持ち込みカメラマンもですが、提携会社のカメラマンも同じです。
また、挙式の30分前には待合室にいるように言われます。

そういうこともあり、できれば挙式1時間前には到着して、こんな感じで写真を撮って回る時間を確保するようにおすすめしているんです。

待合室での様子

挙式30分前までに待合室に入りました。
下鴨神社には待合室がたくさんあります。
こちらのお二人の待合室は「供御所(くごしょ)」と呼ばれるお部屋でした。
雰囲気のある素敵なお部屋です。
ここで結婚式の手順の説明などを受けたりしつつ、ご列席者様と一緒に挙式までの時間を和やかに過ごしました。

下鴨神社供御所で待機する新郎新婦様

下鴨神社待合室の供御所でリハーサルをする新郎新婦様

下鴨神社待合室の供御所で楽しく過ごす新郎新婦様とご列席者様

下鴨神社待合室の供御所で過ごす新郎新婦様

花嫁行列(参進)

挙式の少し前になると、待合室に巫女さんが迎えに来ました。
いよいよ結婚式を挙げる葵生殿(あおいでん)に向かいます。
新郎新婦様を先頭にご列席者様も二列に並んで花嫁行列で参進しました。

1月の澄んだ光が皆を照らしていていい感じでした!

下鴨神社結婚式の花嫁行列

下鴨神社で結婚式を行う葵生殿まで参進する新郎新婦様

下鴨神社での結婚式の花嫁行列

下鴨神社での結婚式の花嫁行列

下鴨神社葵生殿で結婚式を行う新郎新婦様

挙式中

挙式中は、カメラマンは外で待たせていただきます。
私の場合、外観や境内のイメージカットを撮ったりして待ちます。

下鴨神社の葵生殿

挙式後

挙式が済み、無事ご夫婦になられた新郎新婦様が出てこられました。

そのあとは、下鴨神社提携の久保田写真館さんにフォーマルな集合写真と二人写真を撮ってもらうかたも多いので、もう少しお待ちします。

葵生殿から出てくる花嫁花婿様

下鴨神社楼門

新郎新婦様とご両家ご列席者様全員での結婚写真 下鴨神社楼門をバックに

親御様やご列席の皆様と写真を撮ったりしながら、ご移動までの時間を過ごしました。
カメラ目線の写真も撮りましたが、皆様の雰囲気を読みつつ、こんな感じで柔らかい表情で一体感がでるようなディレクションをしたものも撮らせていただきました。

このあとタクシーなどで披露宴会場の菊乃井本店まで移動しました。

菊乃井本店での披露宴

開宴

新婦様は控え室で色打掛にチェンジ。
ヘアスタイルも洋髪にされました。

はじめに新郎様からのご挨拶があり、そのあと乾杯。
披露宴が始まりました。

美味しい料理と和やかな雰囲気。
久しぶりの人、今日から家族親族になる人、みんなでお酒を酌み交わし、楽しく会話をし、親交を深めました。

菊乃井本店の披露宴会場

菊乃井本店で結婚披露宴

菊乃井本店での結婚披露宴

料亭での結婚式披露宴

料亭での結婚披露宴

1月の婚礼料理

双子の披露宴出席者

鶴の柄の色打掛

薄氷をイメージしたおすまし

1月の婚礼料理

蓬莱饅頭カット

「何か一つみんなが楽しめるイベントごとを」ということで、選ばれたのがケーキカットならぬ、蓬莱饅頭カット。
伝説の宝の島蓬莱島に見立てた大きなおまんじゅうです。
実は中に小さなお饅頭がたくさん隠されています。
「子宝に恵まれますように」という意味が込められているそうです。
京都では有名な和菓子屋さんの鶴屋吉信さん謹製で、あとで取り分けてみなさんで美味しく食べました。

蓬莱饅頭

蓬莱饅頭入刀

披露宴結び

結びには、まず新郎お父様がご挨拶されました。
その言葉に、新郎様がたまらず涙。

新郎お父様謝辞

新郎様謝辞

披露宴お開き

新郎新婦様と親御様

新郎新婦様

少し目を腫らしながらのラストカット。
でもいいんです。
きっと写真を見返すたびに、お父様の言葉やこの日のあったかい思い出がよみがえってくるんじゃないかなーと思ったりしています。

ご結婚、おめでとうございます!
呼んでいただき、ありがとうございました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ゴシフォトの結婚式出張撮影 詳細ページ
https://goshiphoto-weddingday.com
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  • 関連記事はございません。